沖縄県の華やかな古典芸能を現代に... 「グロリアス琉球」東京で上演へ 

2018年4月12日 17:00

「はいさい」(男性の言う「こんにちは」)、「にふぇーでーびる」(ありがとうございます)といった方言や、「サーターアンダーギー」「シーサー」などで知られる沖縄県。戦後は米国の統治下におかれ、激動の歴史をたどってきた地域の1つだが、1879年の廃藩置県前には「琉球」藩という名だったことは今でも広く知られる。

その理由の一つが、上に述べた言語や文化の中に、「琉球」の名を冠するものが少なくないからだろう。今や琉球の芸能は「古典芸能」ではあるが、池袋のサンシャインシティ(東京都豊島区)で2018年5月に行われる「グロリアス琉球」はそうした琉球の古典芸能を伝える取り組みの1つだ。

実際の演劇の様子(画像はプレスリリースより)
実際の演劇の様子(画像はプレスリリースより)

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ