高知の「カワウソ焼き」に意外なドラマがあった たった1人、独学で焼き続ける男性の思い

2019年10月 2日 11:00

水族館の人気者「カワウソ」が、かわいい焼き菓子になっていた。

なんかリアル(画像は生産者から、以下同)
なんかリアル(画像は生産者から、以下同)

こちらが、カワウソ焼きである。なんともブサカワイイ。そのなんともユルいビジュアルはネット上でも話題になっていて、ツイッターには、

「高知!高知のカワウソ焼き!!!!」
「かわいさゼロでした」
「ぶ、ぶさ...かわ?」

といった反応が見られる。

このカワウソ焼きを販売しているのは、ニホンカワウソを市のシンボルにしている高知県須崎市の道の駅「かわうその里すさき」にある直販所「かわうそ市」。ラインナップは小豆あん・白あん・カスタードで、2個か3個入りのパックで売られている。値段は1つあたり100円だ。

しかし、そもそもなぜカワウソを焼き菓子にしようと思ったのだろうか。

Jタウンネットが、販売所や生産者に話を聞くと、「カワウソ焼き」をめぐる意外なドラマが明らかになった。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ