組み合わせは2000種以上! 福岡の「こんぺいとうカフェ」に各地からオファー殺到

2017年11月 9日 06:00

職人が14日かけて手作りする「こんぺいとう」

こんぺいとうは表面にツノ状の突起がいくつもあり、1500年代にポルトガルから伝わったお菓子が原型と言われている。

「NAOカフェ」公式ページによると、

「小さな砂糖の粒からゆっくりとじっくりと作られることから『夫婦が時間をかけて家庭を築く』という意味」

も込められているといい、可愛らしい形や色鮮やかさも相まって縁起物としても重宝されている。

店を訪れたツイッターユーザーが店内の様子を投稿したところ、2万回を超えるリツイートや3万3000件ものいいねを集め、大きな話題となった。

Jタウンネットが「NAOカフェ」の担当者に取材したところ、手作りによるバリエーションの豊かさや、専門店というコンセプトが話題となり、現在は様々な地域から催事出店のオファーが殺到し、2018年の3月いっぱいまで予定が埋まるほどの盛況ぶりだという。

2014年にオープンして以来注目を集め、2017年現在では九州各地を始め兵庫県や愛知県などでも販売されており、JR博多駅アミュプラザ地下1階には自社店舗を構えている。

town20171107152313.jpg

そんな「NAOカフェ」のウリは、こんぺいとうすべてが職人による手作りということ。40種以上の味、様々な色、デザインが存在しており、瓶のデザインまで含めると組み合わせは2000種類にのぼるという。職人が手作りするため大量生産は難しいが、その分、客のニーズやイメージに合わせて瓶詰めすることで1点物の商品を提供できることが強みだという。

town20171107152327.jpg

担当者は、

「今はオファーがたくさん来ていて、それぞれの催事の間の期間もほとんど無いほど。東京に出展するとなると、今よりはるかにたくさん作らなくてはならないので、それが出来るよう準備を続けている」

と今後について語った。

店舗や催事についての情報は公式Facebookページツイッターの公式アカウントから発信されている。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ