まさか妖怪? スーパーで売っていた「カッパ肉」にネット騒然、その正体は...

2019年9月18日 11:00

スーパーに妖怪の肉が売っていた――!?

  

そんな驚きの報告が、ツイッターで話題になっている。それがこちらだ。

え...(画像はt_yano@t_yanoさん提供)
え...(画像はt_yano@t_yanoさん提供)

「カッパ肉」

思わず目を疑ってしまうラベルの文字。

カッパとはあの「河童」のことだろうか。河童は水辺などに現れる日本の妖怪として知られるが、まさか実在して食べられているとは...。ほかの肉と同様に梱包され、241グラムで554円。決して安くはないが、普通に買える値段だ。

......と、冗談はこのあたりにしておこう。もちろん、「カッパ肉=河童」のことではない。牛肉にカッパという名前の部位があるのだ。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ