ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
旅先いい話
プレゼント

「AOMORI GOKAN アートフェス 2024 公式ガイドブック」10名様にプレゼント!

「かけうどんにカレーパン乗せただけ」 茨城生まれの仰天メニュー「たまげたカレーうどん」にぶったまげ

大山 雄也

大山 雄也

2023.06.03 17:00
0

昨日――2023年6月2日、Jタウンネットは名代富士そばが考案した「カレーパンかつ丼」を紹介した。カレーパンの販売を検討していた富士そばが、そのアレンジとして試作した驚愕のメニューである。

詳細は『富士そば、衝撃の「カレーパンカツ丼」を開発するも発売ならず 3年後の気付き→「そのまま食うのが一番ウマイ!!」』をご確認いただきたいが、結論を言えば店舗での販売には至っていない。

しかし、似たような発想をして、しかも実現させてしまった店が、茨城県に存在している。

情報を聞きつけたJタウンネット記者は、茨城県猿島郡五霞町の「道の駅ごか」まで車を走らせた。

道の駅ごか(2023年5月31日、Jタウンネット撮影=以下同)
道の駅ごか(2023年5月31日、Jタウンネット撮影=以下同)

噂のメニューがあるのは道の駅ごかの「ファーストフードコーナー」。早速、券売機に行ってみると......。

こりゃたまげた
こりゃたまげた

「普通のカレーうどん・そばではインパクトが足りない」

「たまげたカレーパンうどん」と「たまげたカレーそば」というメニューがある。写真を見ると、つゆはカレーの色をしておらず、澄んでいる。そしてうどんとそばの上には丸い何か――お察しの通り「カレーパン」が乗っている。

店内にある「たまげたカレーパンうどん・そば」のPOP
店内にある「たまげたカレーパンうどん・そば」のPOP

店内のPOPによると、「衣を割るとカレースープに変身」するらしい。なぜ最初からカレースープを入れなかったのか。なぜカレーパンを乗せてしまったのか。

5月29日、Jタウンネット記者の取材に応じた道の駅ごかの職員によると、「たまげたカレーパンうどん・そば」は料理長が考案したメニュー。「普通のカレーうどん・そばではインパクトが足りない」という理由で、 道の駅ごかで人気だったカレーパンをうどん・そばと組み合わせることを考えた。

試作してみたところ「一度で二度おいしい」と判明。2013年10月に発売し、10年が経った今も残る人気メニューの1つになっている。

「かけうどんにカレーパンを乗せただけ」

と職員は説明するが......それだけで本当においしくなるのか? この舌で確かめてみよう。

カレーうどんとは別物だ!

たまげたカレーパンうどん
たまげたカレーパンうどん

記者は「たまげたカレーうどん」を注文した。最初にカレーパンを割らない状態でつゆを飲んでみたところ、ただのかけうどんとの違いは感じられなかった。

カレーパンを割ってみると......
カレーパンを割ってみると......

カレーパンを割って、いざ本番。よく混ぜて1口食べてみると、不思議な味わい。最初はつゆの味しかしないが、後になってカレーの味がしてくる。

一緒の器に盛ってあるのに、かけうどんとカレーを別々に食べているような感覚になるのだ。これが「一度で二度おいしい」ってこと?

つゆに浸したカレーパンの衣
つゆに浸したカレーパンの衣

不思議な感覚に夢中になってすっかり忘れていたが、カレーパンのパン部分はどうだろう。うどんに入れて、おいしいものなのか。

つゆをたっぷりしみ込ませた揚げパンを口に運ぶと、またしても驚き。油の旨味がつゆのおかげで引き立って、クセになるほど美味になっている。

「かけうどん」「カレー」そして「揚げパン」 。たまげたカレーうどんは、1杯に3つ以上の美味しさが潜むまさに"たまげた"メニューだった。

PAGETOP