ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
読者投稿
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
旅先いい話

「争いをやめよ、とお花が申しておる」 熊本で「あの武将たち」が復活!リーダー・加藤清正公が語る「現代における使命」

大山 雄也

大山 雄也

2022.12.07 08:00

かつて戦乱の世を駆け抜けた武将隊たちが、令和の世で新たな活躍を見せている。

どんな活動をしているのか、まずはその一部を見てみよう。

熊本市の観光ポスター(画像はしわす@khz48さんのツイートより)
熊本市の観光ポスター(画像はしわす@khz48さんのツイートより)

こちらはツイッターユーザーのしわす(@khz48)さんが2022年10月16日に投稿した写真で、熊本市の観光ポスターを写したものだ。美しい菜の花畑の中に、甲冑を着た武将たちがいる。そして、こんな言葉が書かれている。

「争いをやめよと、お花が申しておる」

......おいおい、武将のわりに随分とかわいいこと言うじゃないか。しかも、このセリフ誰が言ったかと思えば、初代小倉藩主・細川忠興。あの織田信長・豊臣秀吉・徳川家康らの有力者に仕えて武功を挙げ、死去の際には「皆どもが忠義 戦場が恋しきぞ いづれも稀な者どもぞ」という言葉を残したという人物だ。

どうして忠興のような勇猛な武将が、こんな穏やかなセリフを――そう思う人もいるだろう。しかし、これが彼の今の活躍の舞台である「熊本城おもてなし武将隊」の仕事なのだ。

現代でのショッピングもエンジョイ
続きを読む
PAGETOP