ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
読者投稿
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
旅先いい話

まるで「塩の街」みたい? 地面を覆う「白いフワフワ」...台風14号が生み出した奇妙な光景

松葉 純一

松葉 純一

2022.09.23 17:00

2022年9月、大型で非常に強い勢力の台風14号が3連休中の日本列島を縦断し、各地に大きな爪痕を残したのちに三陸沖で消滅した。

台風の通過後、高知市には普段とは異なる景色が現れていたそうだ。

市内の桂浜水族館の公式ツイッターアカウント(@katurahama_aq)が19日に投稿した次のようなツイートが、話題となっている。

建物の前、一面、高知らしい坂本龍馬像、屋外にある東屋のような場所が、白いもので覆われている。

「『塩の街』みたいになってきた」

というつぶやきが添えられたこのツイートには、25000件を超える「いいね」(9月21日現在)が付けられ、大きく拡散。ツイッター上では、こんな声が寄せられている。

「すごい、波の塩、はりまやばしまで、飛んできてんですね」
「波の花、ですね」
「波の花久しぶりに見た。桂浜がこんな感じってことは 地元の東部の方も凄いことになっちゅうろか」
「台風過ぎたら高圧洗浄機で飛ばすしかないですね」
「洗浄大変なのは間違いない」
「塩害、いろいろなところに影響を及ぼしそうで心配ですね」
「塩分だから、洗浄と設備のメンテナンスが大変ですね」

Jタウンネット記者は、話題のツイートを投稿した桂浜水族館に詳しい話を聞いた。

「ここ6年間では今回が初めてです」
続きを読む

↑gogo! fukui