ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
読者投稿
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
あのときはありがとう

「エンピ」「煙缶」「ぶっかんば」←意味わかる? 一般人には難しすぎる「陸上自衛官のリアルな言葉遣い」

大山 雄也

大山 雄也

2022.05.30 08:00

言葉は、人とのコミュニケーションに欠かせない。しかし、どんな単語を選んで話すかは、人によって大きく異なる場合がある。

例えば、自衛官とそうでない人の間にはこんな言葉の違いがあるのをご存じだろうか?

一般人と陸上自衛官との言葉の違い(画像は自衛隊鹿児島地方協力本部@kagoshima_pcoのツイートより)
一般人と陸上自衛官との言葉の違い(画像は自衛隊鹿児島地方協力本部@kagoshima_pcoのツイートより)

こちらは自衛隊鹿児島地方協力本部の公式ツイッターアカウント(@kagoshima_pco)が2022年5月18日に投稿した「一般人と陸上自衛官との言葉の違い」を表した画像の一部。

これによると、陸上自衛官たちはスコップを「エンピ」、リュックを「背嚢(はいのう)」と呼ぶらしい。

投稿では他にも、灰皿を「煙缶」、アイロンを掛けることを「プレスする」、「一時間後『ココ』に集合して」を「一時間後、『現在地』に集合して」と言うなど、5つの言葉の違いを紹介している。

日常の些細な会話であっても、一般人と陸上自衛官の間では言葉の溝が横たわっているようだ。

「ぶっかんば」で乾かします
続きを読む
PAGETOP