ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
読者投稿
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
旅先いい話

鎌倉大仏の背中に潜む「謎の存在」 ぽっかり空いた2つの「窓」は何のため?高徳院に聞いてみると...

大山 雄也

大山 雄也

2022.05.17 08:00

一大観光地・鎌倉の高徳院に鎮座する「鎌倉大仏」(国宝銅造阿弥陀如来坐像)。

奈良・東大寺にある「奈良の大仏」(東大寺盧舎那仏像)と並んで日本を代表する大仏のひとつだが、実は謎も多い。

みんな知っているけど謎も多い(写真ACより)
みんな知っているけど謎も多い(写真ACより)

鎌倉時代の歴史書「吾妻鏡」には、建長4年(1252年)に鋳造が始まったとあるが、完成年や原型の作者、鎌倉幕府とのかかわりやその目的などは、今もはっきりとは分かっていない。

今回は、その鎌倉大仏の謎の1つに着目したい。それは背中に存在する。

鎌倉大仏の背面には、2つの穴が開いているのだ。外側に開く、両開きの扉が付いた窓のようになっている。2022年5月7日には、ツイッター上であるユーザーがこの「窓」の写真を投稿し、大きな話題を集めた。

この背中の窓は、何のために開けられたのか。実は鎌倉大仏に関する他の謎と同様に、こちらもはっきりとしたことはわかっていない。

お寺に聞いてみたけど...
続きを読む
PAGETOP