ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
読者投稿
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
あのときはありがとう

「大晦日の夜に老父が『気持ちが悪い』と言い出した。慌てて薬局に行くと、『薬は売れない』と断られ...」(東京都・60代女性)

井上 慧果

井上 慧果

2021.12.31 11:00

年末年始は、大病院や救急病院を除いて、休診の病院が増える。

そのため、ちょっとした体調不良であれば、市販薬などで症状を誤魔化しつつ、そのまま年明けに病院が再開するのを待つ、なんて人も多いかもしれない。

市販薬で済ませることも多い時期(画像はイメージ)
市販薬で済ませることも多い時期(画像はイメージ)

東京都在住の読者・Fさん(60代女性)から編集部に送られてきたのは2年前の大晦日のエピソード。

Fさんは体調不良を訴える父のため、ドラッグストアを訪れたが、薬を買うことができなかったのだという。

その結果、Fさんのお父さんは......。

皆さんも一度は経験したことがあるであろう、長期休暇中の病気にまつわるお話をご覧いただこう。

「薬はお売りできません」

2019年の大晦日のことです。

夕食に年越しそばを食べた後、90才の父が

「気持ちが悪い」

と言い出しました。

吐き気が...(画像はイメージ)
吐き気が...(画像はイメージ)

私は、父のために胃薬を買いにドラッグストアに行きました。そこで、登録販売者の方に、父の持病など説明したところ、

「薬はお売りできません」

と言われたのです。

吐き気の原因は...

登録販売者の方は、

「救急外来で受診してください」

と言いました。

言われた通りに父を病院へ連れていくと、なんと初期の腸閉塞だと判明。

待合室で2020年の元日を迎え、新年初手術の患者となりました。

「受診してください」(画像はイメージ)
「受診してください」(画像はイメージ)

あの時、薬で誤魔化していたら、もっと酷いことになっていたはずです。

現在、父は92才になりましたが、何とか自宅で生活することができています。

父の健康を真剣に気遣ってくださった登録販売者の方の言葉に、今でも感謝しています。

誰かに伝えたい「あの時はありがとう」、聞かせて!

Fさんのお父さんのように、見知らぬ誰かの一言で救われた、助かったというような経験がある人はいるだろうか。

Jタウンネットでは読者の皆様の「『ありがとう』と伝えたいエピソード」を募集している。

読者投稿フォームもしくは公式ツイッター(@jtown_net)のダイレクトメッセージ、メール(toko@j-town.net)から、エピソードを体験した時期・場所、具体的な内容(どんな風に親切にしてもらったのか、どんなことで助かったのかなど、500文字程度~)、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別、職業を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

(※なお本コラムでは、プライバシー配慮などのため、いただいた体験談の一部を改変している場合があります。あらかじめご了承ください)

PAGETOP