ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
読者投稿
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
あのときはありがとう

「小学生だった私に、タダでデコポンをくれた果物屋のおっちゃん。後ろめたさを感じ、母に相談すると...」(京都府・20代男性)

大久保 歩

大久保 歩

2021.12.09 11:00

悪いことをしたのでは...

それを1、2年続けていたら、ある日、おっちゃんが「いつもありがとう」とデコポンを1個、リュックの中に入れてくれました。

ですが当時、何かが欲しくてあいさつしていたわけじゃなかったので、「もしかして、あいさつし続けたせいで店の物をタダでもらっちゃったのでは?」「悪いことをしたのでは......」と感じました。

お金を払いたいと思ったのですが、母は「それはお礼だからしなくていいよ」と。

でも、自分はものすごく悪いことをしたと感じて、それ以来おっちゃんに会わないよう避けるようになりました。

罪悪感に襲われ...(画像はイメージ)

それから中学生になり、たまに様子を見てはいたのですが、おっちゃんは元気がないように感じました。

高校生のときも他の用事でたまに通るのですが、店が閉まっているときがありました。

あのときのことを謝りたいと思っていたのですが、なかなか勇気が出なくて。でも、これを書いてるうちに謝りに行こうと思いました。

おっちゃん、あの時はありがとう。ごめんなさい。

誰かに伝えたい「あのときはごめんなさい」、ありませんか?

身近な家族や友達はもちろん、今はもう会うことのない疎遠になった知人、偶然出くわした見知らぬ人......そんな相手との、心の「しこり」のような思い出が誰にも1つや2つはあるものだ。

そこでJタウンネットでは、読者の皆様の「『ごめんなさい』と伝えたいエピソード」「今さらかもしれないけれど懺悔したいこと」を募集したい。

読者投稿フォームもしくは公式ツイッター(@jtown_net)のダイレクトメッセージ、メール(toko@j-town.net)から、具体的な内容(相手にどんなことをしてしまったのか、どんなことを謝りたいのかなど、500字程度~)を、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別、職業を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

(※なお本コラムでは、プライバシー配慮などのため、いただいた体験談の一部を改変している場合があります。あらかじめご了承ください)

PAGETOP