ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
読者投稿
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
マンガ

「徹夜で運転し、ようやく着いたホテルは満室。地元のおじさんに『訪ねてごらん』と指示されたのは...」(東京都・50代男性)

福田 週人

福田 週人

2021.11.02 11:00

「にぃちゃん、裏のホテルを一部屋おさえたから...」

私が「東京です」と答えると、

「はぁ、飛行機かい。空港からレンタカーかい」

と聞かれたので、「いえ、自宅からずっと車です」と伝えると、また「ちょっと待ちなさい」。そして、10分ほど経ったあと、

「にぃちゃん、裏のホテルを一部屋おさえたから行ってごらん。最初の信号を左折な。50メーターくらいでまた左折な。したら20メーターくらいのところにホテルの屋上駐車場に上がるスロープがあるから、車を停めて、フロントを訪ねてみな」

とオッチャンに言われました。なんと、彼は私の代わりに別のホテルの予約をしてくれたのです。

函館のホテルで...(画像はイメージ)
函館のホテルで...(画像はイメージ)

私は何度もオッチャンにお礼を言い、その場を後にしました。

普通であれば「満室です」の一言で終わっても仕方ない状況でしたが、あのときのホテルのフロントにいたオッチャンの優しさは、27年経った今でも色褪せることなく私の心の中で輝き続けています。

それ以来、私は北海道と北海道に住む人達が大好きになり、すでに自分の運転で26回も北海道にドライブに出かけております。

あの時の名も知らぬオッチャンに感謝です。

「忘れられない旅先でのエピソード」、教えて!

自分の所のホテルが満室でも、Zさんのために別のホテルを手配してくれたフロントのおじさん。疲れ果てていたZさんにとっては、まさに暗闇に差す光のような存在だったようだ。

皆さんも、旅先で親切な地元の人と出会った経験はあるだろうか。

Jタウンネットでは読者の皆様の「旅先でのほっこりエピソード」を募集している。

読者投稿フォームもしくは公式ツイッター(@jtown_net)のダイレクトメッセージ、メール(toko@j-town.net)から、旅行に行った時期・場所、具体的なエピソード(どんなことにほっこりしたのか、どんなことで助かったのかなど、500文字程度~)、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別、職業を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

PAGETOP