ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
読者投稿
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
マンガ

「深夜、自転車で追いかけてくる酔っ払い。恐怖でうまく逃げられない中、そいつがどんどん近づいてきて...」(愛知県・40代女性)

井上 慧果

井上 慧果

2021.10.26 11:00

「じゃあもうこんなことがないようにな」

それから家に着くまでの、ほんの少しの時間ではありましたが運転手さんは、

「こんな時間にほっつき歩いてるのも悪い」

とも叱ってくれました。

「じゃあもうこんなことがないようにな」

自宅へ着き、家の前で自転車をおろしてから、運転手さんはそう言って去っていかれました。

そのこと母に話すとお礼を言うからどこの運送会社か、など聞かれましたが、当然そんなことは分からず、そのままになってしまいました。

あの時の恐怖も忘れませんが あの時の運転手さんのおかげで私は危険な状況から救われました。泣く私を叱ってくれたことも、送ってくれたことも、すべてに感謝しています。

この出来事は忘れることが出来ません。

「あの時の運転手さん。本当に、本当に、ありがとうございました」

誰かに伝えたい「あの時はありがとう」、聞かせて!

夜道で不審者に追われ、必死の思いで逃げていたFさん。頼みの綱だった交番にも人がおらず、助けてくれた運転手がいなければ、逃げ切ることはできなかったかもしれない。

Jタウンネットでは読者の皆様の「『ありがとう』と伝えたいエピソード」を募集している。

自分を救ってくれた誰かに伝えたい「ありがとう」がある人はぜひその時の話を聞かせてほしい。

読者投稿フォームもしくは公式ツイッター(@jtown_net)のダイレクトメッセージ、メール(toko@j-town.net)から、エピソードを体験した時期・場所、具体的な内容(どんな風に親切にしてもらったのか、どんなことで助かったのかなど、500文字程度~)、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別、職業を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

(※なお本コラムでは、プライバシー配慮などのため、いただいた体験談の一部を改変している場合があります。あらかじめご了承ください)

PAGETOP