ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
家族
あの時はありがとう
グルメ
地域差・ランキング

「バーゲン争奪戦用」ってことはつまり...? うっかり使い方を間違えそうな「手提げホルダー」に反響

井上 慧果

井上 慧果

2021.07.26 17:00

「手提げホルダー」と「メリケンサック」を合体

Jタウンネット記者の取材に応じた投稿者「マイクローン(東映版)」さんによると、話題の手提げホルダーは、個人サークル「げんれい工房」から購入。

以前、造形メーカー「海洋堂」(大阪府)の主催する模型系イベント「ワンダーフェスティバル」で出会ったものだという。

今後の使い道については

「持ち歩けば軽犯罪法違反となりますので、今後も勿論使用する事無くウチで愛でるのみです」

とコメント。

記者は、販売元である「げんれい工房」にも取材し、制作者で工房長の山桂(やまかつ)さんに話を聞いた。

げんれい工房の公式ウェブサイトによれば、この「バーゲン争奪戦用手提げホルダー」は「手提げホルダー」と「メリケンサック」を合体させたオリジナルの製品。

使用例(画像はげんれい工房公式webサイトより)
使用例(画像はげんれい工房公式webサイトより)

レジンキャスト(樹脂の成型方法の一種)製のものが05年に、メタル製のものが10年に、それぞれれ「ワンダーフェスティバル」内で初めて販売された。

今回話題となったのは、メタル版。このユニークな作品は、どのようにして誕生したのだろうか。

「なんとなく似ているから...」
続きを読む
PAGETOP