ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
家族
地域差・ランキング
グルメ
実録!ご近所トラブル

切なすぎるお菓子「みすてないで」に同情集まる 商品名の由来を聞くと...ダブルミーニングだった

福田 週人

福田 週人

2021.06.23 21:00

「天使のはね」というお菓子をご存じだろうか。

沖縄県の伝統的なお菓子である塩せんべいのメーカー・丸吉塩せんべい(沖縄県那覇市)が販売する商品で、2019年には「洗濯したティッシュみたい」とツイッターで注目を集めた。

そして、21年6月。「天使のはね」に、「なれなかったお菓子」を発見したという投稿が、ツイッターで話題になっている。

なれなかった、とはどういうことなのだろうか。気になる実物の画像が、こちらだ。

これほど切ない名前のお菓子も珍しい......(画像は丸吉塩せんべいより提供)
これほど切ない名前のお菓子も珍しい......(画像は丸吉塩せんべいより提供)

袋の中に入った、白いせんべいのようなお菓子。それだけなら特におかしな点はないのだが、問題はその商品名。

「みすてないで」......なんだかとても哀愁を感じるネーミングだ。しかもその下には、

「せんべいになれなかったよ!」
「はねになれなかったよ!」
「でもおいしいよ!」

と書かれている。せんべいにもはねにもなれなかったが、それでも美味しいから食べてほしい......そんな切実な思いが伝わってくるようで涙を誘う。一体、なにがあったのだろうか。

人気が出すぎても困っちゃうかも?
続きを読む
PAGETOP