ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
のりものトラブル
実録!ご近所トラブル
クイズ
旅先いい話
地域差・ランキング

「食べる催涙ガス」「すすったら最期」 刺激的すぎるセコマの「山わさび塩焼きそば」が2年ぶりに復活していた

福田 週人

福田 週人

2021.05.17 06:00

様々なメーカーが、バリエーション豊かな「カップやきそば」を販売している。

地域によって、人気の商品もかなり変わってくるようだ。「推しカップやきそば」がある人も少なくないだろう。

今回、そんなカップやきそば好きな人たちにこそ紹介したい、ちょっと刺激的な商品がツイッターで話題になっている。

北海道を中心に展開するコンビニエンスストアチェーンのセイコーマートがこのほど「復活」させた、その名も──「山わさび塩焼そば」だ。

セイコーマートの「山わさび塩焼そば」(画像は村橋究理基@mkuriki_さんのツイートより)
セイコーマートの「山わさび塩焼そば」(画像は村橋究理基@mkuriki_さんのツイートより)

一見すると、パッケージはいたってよくある普通のカップやきそば。商品名からして、山わさびの香りがアクセントになったあっさりした焼きそばなのかな、という感じだ。

しかし、パーケージ表面の右下を見てみると、

「刺激が強い商品です。小さいお子様や辛みが苦手な方は、十分注意してお召し上がりください」

と、何やら穏やかじゃない注意書きが。パッと見からはあまり想像がつかないが、そんなにも辛いのだろうか?

こちらの商品に対し、ツイッター上では、

「美味しいんだけど、食べてるとき絶対むせるやつ!」
「これはガチの劇薬」
「湯気で目もやられるので、目を閉じて食べてる...。山わさび塩やきそば、イカれてる...」
「すすったら最期ですよ...」

といった声が寄せられている。

話題になっているのは、北海道大学理学院の学生・村橋究理基(@mkuriki_)さんが2021年5月11日に投稿した写真。Jタウンネット記者は13日、本人に詳しい話を聞いた。

わさびの風味が目や鼻に襲い掛かってくる
続きを読む

今、あなたにオススメ

PAGETOP