ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
家族
あの時はありがとう
グルメ
地域差・ランキング

「AIでカープを日本一にしよう」 広島県がまさかのアイデア募集...いったいなぜ?その意外な狙いとは

Jタウンネット編集部

Jタウンネット編集部

2020.12.25 12:00
提供元:広島県

カープを「日本一」にするためのアイデアも

ここで、球種・コースの予測とは性質の異なる「アイデア部門」についてもご紹介したい。

これは「広島東洋カープを日本一にしよう」をテーマに、データ分析の手法を用いて、カープを強いチームにするための「提言」を行うという内容だ。AIを活用してチームを強くするアイデアを導きだすとは......プロ野球ファンなら大いに気になるはず。

Jタウンネット記者は、この部門で1位に輝いた、KDDI総合研究所の美嶋勇太朗さんに話を聞いた。

アイデア部門で1位になった美嶋さん(中央)
アイデア部門で1位になった美嶋さん(中央)

自由な研究に工数を割ける同社の「ミライ ヲ ツクル」プロジェクトを利用し、今回のコンペに参加したという美嶋さん。自身も熱狂的なカープファンだといい、コンペには「カープの日本一を夢見て。一ファンによる胴上げに向けた提言」というタイトルで応募した。

美嶋さんのアイデアは、ファンやマスコミの間で「定説」となっている点について、改めてデータ分析の手法を用いて検証していくというもの。具体的には、丸佳浩選手の巨人への移籍でチームにどんな影響が出たのか、ポストシーズンにおけるカープ野球の変化などを分析したという。

分析をしてみて、とくに興味深かったポイントを美嶋さんに聞くと、

「例えばですが、(丸選手の移籍に関して)終盤にゲームをひっくり返されてしまった後、打線がもう一度ひっくり返す力は、実は丸選手が移籍をする前と後ではあまり変わっていなかったんです。

シーズンの総得点という観点では間違いなく落ちているんですけど、競り合った展開でもう一度土俵際から元に戻す力はちゃんとあったと。そういった点などを分析しています」

と説明した。

美嶋さんが今回のコンペに参加したのは、もちろんカープ愛が大きな理由。だが、それ以外にも興味を持ったきっかけがあるという。

「そもそも、プロ野球をテーマにしたデータ分析コンペは非常に珍しく、その点だけでも興味がありました。正直なところ、テーマがカープでなくても参加したと思います。やはり今回、これだけ多くの参加者が集まるコンペになったのは、そういった点が理由ではないでしょうか」
県が配球予測コンペを行う理由
続きを読む
PAGETOP