ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
家族
あの時はありがとう
グルメ
地域差・ランキング

広島から事故と渋滞がなくなる日 誰もが安心して暮らせる街へ...「未来の広島」の姿とは

Jタウンネット編集部

Jタウンネット編集部

2020.12.10 18:00
提供元:広島県

広島市内を走る路面電車。広島電鉄(広島市)が運営し、古くから市民の足として、そして観光客の移動手段として、地域の交通網を支えてきた。

しかし、自動車を運転する人にとっては、ちょっと気を付けなければいけない存在だ。右折しようとしたら、後ろから電車が迫ってきていた――なんてヒヤリハットが、意外とあると聞く。

現状、広島市内の道路は、路面電車や路線バス、タクシー、自家用車など多くの交通手段が行き交っている。生活や観光に便利であることには違いないが、その交通網の豊さゆえに、渋滞や接触事故のリスクといった課題が生じている。

高齢化が加速している状況も踏まえると、市民が交通手段を確保しつつ安心して生活するには、交通環境の整備が必要になるというわけだ。

town20201209172416.jpg

そんな課題を解決すべく、広島県の実証実験プロジェクト「ひろしまサンドボックス」では、「通信型ITS」(高度道路交通システム)を駆使した実証実験に取り組んでいる。

通信型ITSとは、人・車両・道路の間で情報の送受信を行い、事故や渋滞といった交通課題を解決するためのシステム。これを路面電車や路線バス、そして一般車両に搭載することで、安全な交通環境を作ろうというわけだ。

Jタウンネットは2020年10月14日、この実証実験プロジェクトの一環として行われた試乗会に参加。「安全運転支援システム」と呼ばれる仕組みを搭載した路面電車に乗り、変わりつつある広島の交通事情を一足早く体感してきた。

右折車両の存在を運転士に通知
続きを読む
PAGETOP