ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
家族
あの時はありがとう
グルメ
地域差・ランキング

マスク姿の「さるぼぼ」観客席にずらり 飛騨高山ならではの感染対策が可愛すぎると話題に

横田 絢

横田 絢

2020.10.22 21:00

今や日常の一部となった新型コロナウイルス感染対策。

劇場やコンサートホールでは、観客の数を制限して上演を行う場合もある。

ポコポコと空席の目立つ劇場は観客にとっても、舞台に立つアーティストにとっても切ないものに違いない。

しかし、岐阜県高山市にある「飛騨・世界生活文化センター」の多目的ホールには、そんな寂しさも和らぐような光景が広がっている。

さるぼぼがいっぱい(うつみとよしさんのツイートより)
さるぼぼがいっぱい(うつみとよしさんのツイートより)

ホールに備え付けられた椅子に座っているのは、色とりどりの「さるぼぼ」たち。

岐阜県・飛騨地方で作られている人形で、元は安産や健康を祈るお守りだった。猿の赤ちゃんに似ていることから「さる(=猿)ぼぼ(=赤ちゃん)」という呼び名がついたという。

まん丸の顔にマスクをつけ、前掛けには「そしゃ感染対策やぞ!」と書かれている。「そしゃ」は飛騨方言で「それじゃあ、それならば」の意味だ。

こちらの写真は、ツイッターユーザーのうつみとよし(@toyoshi29)さんが2020年10月17日に投稿したものだ。

万歳をした子供のような姿のさるぼぼが客席を賑やかす様子は、ツイッターで大好評。

うつみさんのツイートは2万6000件以上のいいね、1万件以上のリツイートを得るなど話題になり、

「可愛すぎ!ソーシャルディスタンスも、こうだと、ほのぼのして素敵ですね。」
「隣さるぼぼが座ってたらうれしい」
「全国の公共施設は真似してほしいなー」

などの声が寄せられている。

さるぼぼで地元を元気に
続きを読む
PAGETOP