宇都宮駅前の餃子像を3Dプリンターで再現した最中があるらしい

2014年12月19日 20:30

「ギョーザの街」として有名な宇都宮だが、そのシンボルともいえる餃子像をご存じだろうか。Jタウンネットでも過去に取り上げたことがある(参照:宇都宮駅の餃子像、移転! どこにあったの?)。

この餃子像はタレントの山田邦子さんのスケッチ画をもとにデザインされ、同市特産の大矢石を使った石像。あたかもビーナスが餃子の皮に包まれたような像だが、2014年10月、JR宇都宮駅2階デッキに移転された。

この移転をきっかけに、宇都宮餃子会監修のもと誕生したのが「餃子像もなか」だ。開発したのは宇都宮市の和菓子店・枡金(マスキン)。石像を実測し、3Dプリンターによって忠実に再現した皮で、北海道産小豆を使用したあんをはさんだという。

餃子像もなか(画像提供:枡金)
餃子像もなか(画像提供:枡金)

画像を見てわかる通り、かなりの再現度の高さだ。さすが今話題の3Dプリンター。 同市内の枡金各店、駅ビルパセオなどで販売されている。1個150円、6個入り税込950円。 インターネット通販サイト「あるよ」でも購入できる。

餃子像もなか6個入り(画像提供:枡金)
餃子像もなか6個入り(画像提供:枡金)
栃木県 最新記事
2018/6/17

日本は高齢化が進んでいるが、元気なお年寄りは増えている。地域のために「生涯現役」で活躍していただくのは大変ありがたいことだ。しかし、世代交代となると、なか...

2018/6/17

2019年4月末に天皇陛下が退位し、翌5月1日、新天皇の即位に伴い、元号は変わる。今の元号「平成」と名がつく月日は、2018年で終わることになる。ツイッタ...

2018/6/16

徳島県で毎年8月に行われる伝統芸能「阿波おどり」で、2017年まで行われていた「総踊り」を18年は行わない、と各メディアや公式サイトで伝えられた。例年、一...

2018/6/16

漢字の読み書きなどの能力を計る、漢字能力検定(通称「漢検」)。2018年6月12日、その17年度都道府県別合格率が、日本漢字能力検定協会(京都市)から発表...

2018/6/16

「6月16日は何の日?」そう聞かれた時、皆さんなら何の日と答えるだろうか。調べてみると、「麦とろの日」「ケーブルテレビの日」「無重力の日」「アフリカの子供...

アクセスランキング
注目情報
北九州市

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

↑上へ