たい焼き、頭から食べる?尻尾から? 9割以上がなんらかの「こだわり」あり

2017年1月20日 06:00

明治生まれのたい焼きは、現在に至るまで長い間愛されているおかしだ。白いたい焼きやクロワッサンたい焼き、中身もあんこ、くりあん、カスタードやチーズなどを始めとする変わり種も数多く現れ、未だに進化を続けている。

しかし、どんなに進化しようとも、食べ方のバリエーションは少ない。そのため食べ方の話題になると、「頭から」と「しっぽから」の2大勢力が議論を巻き起こすこともしばしばだ。

そこで、Jタウン研究所は「たい焼きの頭としっぽ、どっちから食べる?」をテーマに、都道府県別にアンケート調査を行った(総得票数673票、2016年11月11日~2017年1月16日)。

はたして、その結果は――。

文化の違いよりも好みが優先された

秋田県は回答なし
秋田県は回答なし

全体では、「頭から」派が443人と最も多く、35か所で大多数を占めた。次点は「しっぽから」派で、158人が投票し、6つの地域で多数を占めた。

あんこが詰まっていることが多い「頭から」派が圧倒的に多いことから、まずはあんこを味わいたいという人が多いのだろう。

つぶらな瞳でこちらを見つめてくるたい焼きに同情し、せめてひと息に終わらせてあげたい、という感受性が豊かな人も居るのかもしれない。

得票数の多い地域に注目すると、たい焼きの発祥地とされている東京都では、64.2%の人が「頭から」派、大阪では73.3%が同様に「頭から」派だった。愛知や福岡もほぼ同様の割合で「頭から」派が多く、派閥の中核をなしている。文化圏の異なる地域でも共通して好まれる食べ方と言えるだろう。

注目すべきは、「気にしない」と答えた人がほぼ皆無だったことだ。全体の6.5%しかいなかったため、殆どの人はたい焼きの食べ方に対してある程度のこだわりがあるようだ。

とは言え、テーブルマナーとは異なり、たい焼きの食べ方に正解は無い。各々が好みの食べ方にこだわり続けるといいだろう。

「地域差・ランキング」の最新記事

2019/1/11 06:00

突然だが、読者の皆様は「コイン精米」を知っているだろうか。お金を入れると玄米を精米し、白米にする機械だ。下のようなコイン精米所を目にしたことがある人もいる...

2019/1/5 06:00

お正月の定番、お年玉。年に1度のボーナスのようなもので、お小遣いでは手の届かないアイテムを入手できるチャンスと楽しみにしていた人も多いのではないだろうか。...

2019/1/3 06:00

読者の皆様は2019年のお正月をいかがお過ごしだろうか。記者は例年コタツに座しながら正月特番を心ゆくまで堪能し、食べては寝てを繰り返している。同じような過...

東京都 最新記事
2019/1/17

今から30年ほど前、日本では激辛ブームが起きていた。1986年に煎餅店神田淡平の「激辛」が新語・流行語大賞の銀賞に選ばれるなど、当時の人々は辛さを求めてい...

2019/1/17

全国いちご消費拡大協議会が「いちごの日」と定める2019年1月15日、次のようなツイートが投稿され、話題となっている。本日1月15日、#いちごの日 記念に...

2019/1/16

大きくて目立って、どこか懐かしい――そんな観覧車について、2019年1月15日放送の番組「マツコの知らない世界」(TBS系)で、ゲストとマツコ・デラックス...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
saga4_80x80.jpg

○○の後は有明海を臨む露天風呂でほっこり

釣り

回転で流れて来た握りは...

小倉城

食の魅力もいっぱい!市政55年を迎えた北九州市を紹介

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ