世界が認めた23種の日本酒を飲み比べ! 日本橋でIWC2017の試飲会開催

2017年9月22日 12:00

9カテゴリーの名酒がずらり

30年以上の歴史を持つIWCは、マスター・オブ・ワインの資格を持つ400人が審査を行うワイン品評会で、世界でも最高の権威を持っている。2007年から日本酒部門が作られ、今回で11回目を迎える。

2017年のエントリー総数は390社1245銘柄に上った。それらは普通酒、本醸造酒、純米酒、純米吟醸酒、純米大吟醸酒、吟醸酒、大吟醸酒、古酒、スパークリング酒の9カテゴリーに分けられ、金・銀・銅の3銘柄が選ばれた。

金メダルを受賞した9本は「トロフィー酒」に認定され、その中からその年最高の日本酒として「チャンピオン・サケ」が選出される。今年選ばれたのは岩手県の「南部美人 特別純米」で、それ以外にも全国各地の日本酒が集結する。

IWC2017の受賞式にて
IWC2017の受賞式にて

試飲会は、第1部は14時から、第2部は16時30分からそれぞれ1時間30分ずつ開催される。いずれも定員は300人で、完全入れ替え制になっている。

参加は事前申し込みのチケット制で、チケットぴあ、もしくはe+(イープラス)から。参加費は3500円。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ