麺が見えない... メンマを乗せすぎて「材木置き場」と化したラーメンが話題に

2020年5月23日 08:00

名古屋には「材木置き場」と呼ばれるラーメンがある――

ツイッターで、こんな投稿が話題になっていた。ラーメンに材木置き場とは斬新すぎる表現だが、いったいどういうことか。

その写真がこちらだ。

ラーメン?(画像は@pegasus_119さん提供)
ラーメン?(画像は@pegasus_119さん提供)

あれ?メンマしかない?――そんなことはない。麺はこのおびたたしい量のメンマの下に埋まっている。

その異常に太く薄茶色いボディは、たしかに「木片」に見える。もはやトッピングの域を超えており、麺が少しかわいそうに思えてくる。

こちらのラーメンを販売するのは薬膳ラーメンで知られる「好陽軒」(名古屋市昭和区)。ツイッターでは「麺見えんけどあるの?」「ジェンガ煮たんか」といった驚きの声が相次いでいる。写真ではメンマしか見えないので、そう思うのも無理はないだろう。

一方、実際にラーメンを食べたと思われるユーザーからは、

「これはうますぎ、神です」 「これ見た目以上にやばくて、見えないところにまだメンマがあるんで、総数50本くらいかも。メンマを一生懸命食べて、箸休めに麺をすする感じになる」 「メンマが覆ってるだけでなくほぼ2層構成する量でおったまげましたw」

といった声が寄せられ好評だ。

どうやらメンマの下にもまだメンマが隠れているらしい。食べた日には夢にメンマが出てきそうだが、ぜひ挑戦してみたい一品だ。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ