もはや「ラ・ヤマガタ」と呼ぶべき? ラ・フランスの大半はフランスではなく山形で作られていた

2020年11月 5日 06:00

秋の味覚の一つ、ラ・フランス。西洋なしの品種のひとつで、香りがよく柔らかい食感が特徴とされる。

そんなラ・フランスに関する説明書きが、衝撃的だとツイッターで注目を集めている。

それがこちらだ。

衝撃的(画像はゆいたそ@yuitaso_meさん提供)
衝撃的(画像はゆいたそ@yuitaso_meさん提供)

これは2020年11月1日、ツイッターユーザーのゆいたそ(@yuitaso_me)さんが

「そーなの!?」

と驚くコメントを添えて投稿した画像だ。

「果物の女王 ラ・フランスのご紹介」として、

「あまりのおいしさに『わが国を代表する果物』と称えられ、『ラ・フランス』の名前がついたと言われています」

といった名前の由来などが説明されている。

その中でも、どうやら投稿者は、下線がひかれたこの部分に驚いたらしい。

「(ラ・フランスは)病気に弱く栽培が難しいため、世界で生産しているのは日本だけとなり、その7割が山形で栽培されています」

ラ・フランスという名前から、てっきりフランスから輸入している果物だとばかり思っていたが、なんとほとんど山形県で生産されているものらしい。

この投稿にツイッターでは

「ラ・ヤマガタじゃん...」
「実質、山形はフランス」
「山形県の農家さん、有能すぎる」
「ずっとフランスから輸入されてるんだと思ってた...」

といったコメントが寄せられている。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jタウンチャンネル
あれこれ ワードスプリング
ひろしまサンドボックスチャンネル
京都あやべ「ねじっとくん」チャンネル
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ