「頭文字D」の聖地・渋川を走るバスに不安しかない... 「藤原とうふ店」のロゴ入りラッピングに「峠を攻めそう」の声

2020年10月 7日 06:00

峠の走り屋たちを描いた人気漫画「頭文字D(イニシャル・ディー)」(著・しげの秀一)。その舞台となった群馬県渋川市で、なぜだか不安な気持ちになってしまうバスが走っていると、ツイッターで話題になっている。

そのバスがこちらだ。

頭文字D...!(バスは関越交通、画像はkey@prikey1223さん提供)
頭文字D...!(バスは関越交通、画像はkey@prikey1223さん提供)

バスの車体には、少々不自然に貼り付けられた、

「藤原とうふ店」

の文字。店名と、その下にある黒いラインに見覚えがある人もいるだろう。

「藤原とうふ店」は頭文字Dの主人公・藤原拓海の父が営む豆腐店の名前だ。

作中で主人公は店のロゴが入った、「ハチロク」の愛称で知られる車に乗っている。このバスには一部ではあるが、その車と同じカラーリングのラッピングが施されているのだ。

バスの存在は、ツイッターユーザーのkey(@prikey1223)さんの投稿をきっかけに話題となり、

「このバスは不安になるわww」
「峠を攻めそう」
「このバスでドリフト走行するんかな?」
「運転席に飲み物の入った紙コップ置いてそう」

といった声が寄せられている。

作中では、主人公がコップに液体を入れて車内に置き、こぼさないように車を走らせるシーンがある。もしかしたらこのバスも同じようなことをしているのではないか――そんな想像をするユーザーもいたようだ。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ