猛暑日の観覧車は、外にいるよりヤバイらしい よみうりランドが夏の間「ゴンドラ内の温度」を掲示する理由

2020年9月11日 11:00

遊園地の人気アトラクションの1つ「観覧車」。高い所からの眺めが好きで、遊園地に行ったら必ず乗るという人もいるだろう。

しかし、時には乗車を考え直した方が良い場合もある。例えばこんな時だ。

ええ...(画像はイス@pigamo_dayoさん提供)
ええ...(画像はイス@pigamo_dayoさん提供)

「ゴンドラ内の温度 36度」

暑い...暑すぎる...。1周約13分、密室空間のゴンドラ内でジッと耐え忍ぶのはなかなか辛いだろう。掲示にも「体調の悪い方はご遠慮ください」と注意書きがあり、少しでも体調に違和感のある人は乗車を控えた方がよさそうだ。

Jタウンネットは2020年9月7日、この写真を投稿したツイッターユーザーのイス(@pigamo_dayo)さんに詳しい話を聞いた。

イスさんによれば、写真は5日15時ごろ、よみうりランド(神奈川県川崎市)で撮影。気象庁のデータによれば、付近の観測地点である府中(東京都)の当時の気温は32.6度だった。

つまり撮影当時、ゴンドラ内は外気温より3~4度ほど高くなっていた可能性がある。イスさんは外気温の時点で「真夏のように感じた」といい、観覧車には乗らなかったそうだ。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ