小池都知事に歌ってほしい...! 発令直後に誕生したムード歌謡「東京アラート」の完成度がすごい

2020年6月 5日 20:00

東京都は2020年6月2日、新型コロナウイルス感染状況の悪化の兆候が見られるとして、都民に警戒を呼び掛ける「東京アラート」を発令した。

そんな中、次のようなツイートが投稿され、話題となっている。

投稿者は、漫画家の田亀源五郎(@tagagen)さんである。「東京アラート」って、なんかムード歌謡のタイトルっぽいな...と、ふと思った......ことから生まれた詞ということだ。

詞を読むと、いかにも昭和歌謡で、なんとも切ない女心が描かれているように思えるのだが、現在の世相も巧みに織り込まれている。

「しばらく会えなくなるって......距離を置こうと言われたの」

とは、ソーシャルデイスタンスのことだろうか。

「グラスもちゃんと消毒したの」「その気持ちマスクで隠すの」というのも、いかにも現在の日常生活の反映かな。「手洗いを忘れないでね貴方」という決め台詞も泣かせる。そして

「アラート アラート 東京アラート」

という最後のリフレイン。もうこれは昭和歌謡そのものだ、令和だけど......。

田亀源五郎さんの詞に触発されて、曲を作ったのが、プロの作曲家・なかやまらいでん(@nakayamaraiden)さんである。普段は、ゲーム音楽や効果音の仕事をしているという。

いったい、どんな曲になったのだろう。Jタウンネット編集部は、なかやまさんを直撃した。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ