「当館は注文の多い博物館です」 宮沢賢治パロディで感染予防...小樽市総合博物館のポスターが話題に

2020年6月 4日 21:00

「どなたもどうかお入りください。決してご遠慮はありません」。

これは宮沢賢治の童話「注文の多い料理店」の一節だ。 

二人の若い紳士が山奥にある西洋料理店「山猫軒」に入り、そこでおかしな注文をつけられていく......というあらすじだが、北海道小樽市には「注文の多い博物館」が存在している。

注文の多い博物館(画像は小樽市総合博物館フェイスブックより)
注文の多い博物館(画像は小樽市総合博物館フェイスブックより)

これは小樽市の歴史と自然、北海道の交通史や科学技術をテーマとする「小樽市総合博物館」が、新型コロナウイルス感染拡大防止のために制作したポスターだ。

「どなたもどうかおはいりください
ただし、今だけは次の方たちはごえんりょください」

として、入館を控えてほしい人の条件を載せている。例えば、

「体のぐあいがわるい方」
「37.5度以上のねつがある方」
「せき・のどの痛みなどのしょうじょうがある方」

といった具合だ。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ