まるで恋愛テーマパーク? 鳥取の山奥にピンクすぎる無人駅があった

2020年2月10日 06:00

「無人駅」と聞いてあなたは何をイメージするだろうか。利用客はおろか、駅員すらいない寂しい場所。薄暗く、廃れた駅...そんな風に想像する人もいることだろう。

しかしこちらの無人駅は一味違う。寂しさなど微塵も感じさせない、その姿がこちらだ。

鮮やか(画像は智頭急行公式サイトより)
鮮やか(画像は智頭急行公式サイトより)

木々の緑にショッキングピンクがまぶしい、その名も「恋山形駅」(鳥取県八頭郡智頭町)だ。駅の至る所にはハートマークが散りばめられ、とても山中にある無人駅には見えない。別の世界に迷い込んでしまったかのような錯覚を覚える。

なぜこのようなデザインになったのか。Jタウンネットは2020年1月31日、智頭急行を取材した。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ