いくら飲んでも大丈夫? 宿泊もできる「ふとんバー」、長崎・五島の観光拠点に

2019年5月28日 20:00
ゲストハウス「雨通宿」入口(画像提供:瀬川寝具店、以下同)
ゲストハウス「雨通宿」入口(画像提供:瀬川寝具店、以下同)

長崎県の西部、五島列島の南西部にある五島市のゲストハウス「雨通宿(うとじゅく)」が、いま話題になっている。

このゲストハウスは、2012年、瀬川寝具店が開業。「布団ならたくさんあるから、布団を使って何か新しい事業ができないか」と考え、ゲストハウスの経営を思い立った。家族が生活していた奥の部屋を改造し、ベッドやシャワールームを設置。最大14人が宿泊できるドミトリー形式のゲストハウスをオープンしたのだ。

2015年、バー「FUTON HOUSE」(通称・ふとんバー)も併設され、若い旅行客や移住者らで賑わっている。若者たちを引き寄せるゲストハウス、ふとんバーの魅力とは、いったい何だろう?

Jタウンネット編集部は、長崎県に電話して、詳しい話を聞いてみることにした。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ