上野駅の地下深くに、ゴーストタウンのような巨大空間があった かつての隆盛を語る「遺産」を歩く

2019年4月 7日 08:00

上野駅は、パンダに桜と、観光客でにぎわう上野の街の玄関口である。その駅の地下深くに、忘れられかけた歴史を伝える空間が残っていた。

まるでゴーストタウンのよう?
まるでゴーストタウンのよう?

上野駅から新幹線に乗る時、地上から新幹線改札を通り、エスカレーターを乗り継いで地下の新幹線ホームに向かう。新幹線ホームは地下4階に立地しているが、そのすぐ上の地下3階に出ると、広大なコンコースが開けている。

しかし、新幹線とはいえ東京駅や新大阪駅に比べると格段に行きかう人は少なくがらんとした雰囲気がただよう。列車が来ない時間帯はほとんど人がいないことも。

何故こんな広大な空間が――と思いたくなるが、30年前、この駅が北に向かう新幹線のターミナルだった名残だ。

30年近く前は、このホームに「東京」の文字はなかった
30年近く前は、このホームに「東京」の文字はなかった

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
ひろしまサンドボックスチャンネル
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ