<東京暮らし(7)>野村萬斎さんに聞きました

2018年12月30日 11:00

<文 中島早苗(東京新聞情報紙「暮らすめいと」編集長)>

狂言師で演出家の野村萬斎さんに話を聞く機会を得た。

萬斎さんといえば、2020年東京五輪・パラリンピック組織委から、同開閉会式・総合統括に指名され、今最も忙しい日本の顔としても知られる。

野村萬斎さんは1966年、東京都練馬区出身。父・万作さんは人間国宝(撮影/岡田晃奈)
野村萬斎さんは1966年、東京都練馬区出身。父・万作さんは人間国宝(撮影/岡田晃奈)

東京新聞Webでも、記者会見で萬斎さんが演出について「深い和の精神を発信したい」と発表した内容を伝えている。

インタビュー当日、袴姿で現れた萬斎さんはスレンダーで、何より姿勢が良い。写真撮影のために、稽古場の舞台でピタリと型を決めてくれた時も、微動だにしない。

「体幹トレーニングなど、何か特別に体を鍛えてらっしゃるのですか」との筆者の質問に、「いえ、しません。稽古が体幹トレーニングになっているのでしょうね」。

さすが芸歴約50年、お見事である。

伝統芸能の狂言師としての活動と、東京五輪・パラの式典の演出について、萬斎さんの話をインタビュー形式で記してみたい。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ