「作り手の顔が見えるように」 焼津の「みそまん」、店ごとのキャラでアピール

2018年8月22日 08:00

ご当地の和菓子をもっと身近な存在に。そんな思いから静岡県焼津市で新たにイメージキャラクターが誕生した。

焼津みそまん学会キャラクター(画像は焼津みそまん学会提供を一部加工)
焼津みそまん学会キャラクター(画像は焼津みそまん学会提供を一部加工)

焼津市では昔から船乗りのおやつとして塩気の効いた「みそまん」が親しまれてきたという。日持ちさせるため、生地にみそやしょうゆが入るのが特徴のおまんじゅうだ。

そんな「みそまん」を中心として和菓子の勉強会などを行っているのが「焼津みそまん学会」だ。焼津市の菓子店8店舗が加盟し、毎月30日を「みそまんの日」として定め、加盟店のみそまん詰め合わせを限定販売している。

焼津みそまん学会は、より多くの人にみそまんを親しんでもらおうと今回各店のイメージキャラクターを制作した。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ