関東人が敬遠する関西の「真の庶民の味」紅しょうがの天ぷら、その由来は?

2014年11月22日 07:25

[ちちんぷいぷい - 毎日放送] 2014年11月11日放送で「紅しょうがの天ぷら」について取り上げていました。

関西特有の食文化で大阪庶民の味といえば、たこ焼き?お好み焼き?

いえいえ、「紅しょうがの天ぷら」なんです!

紅しょうがの天ぷら(Norisa1さん撮影、Flickrより)
「豊丸」天麩羅盛り

赤くて大きな紅しょうがの天ぷら。

スーパーのお総菜売り場や居酒屋メニューなどでよく見かけるこの料理、関東から来た人にこれを紹介したら、「いや、これはちょっと......」と受け入れられない人もいるそうです。

関西の食文化に詳しい豊下製菓の豊下正良社長によると、紅しょうがの天ぷらは関西の"もったいない精神"が生み出した食文化だというのです。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ