意外なところにも!? 「近藤勇」ゆかりの歴史スポットをめぐる

2013年7月10日 11:00

   NHK大河ドラマ「八重の桜」は、会津若松における壮絶な戦いがクライマックスを迎えています。会津戦争には新撰組の土方歳三や斎藤一も参加しましたが、新撰組局長・近藤勇はどうなったか、ご存じですか?

   負傷で鳥羽伏見の戦いに参戦できなかった近藤勇は、江戸へ逃れて幕府再建のためひそかに活動していた矢先、新政府軍に捕らえられて1868年(慶応4年)4月25日、東京・板橋の刑場で処刑されました。会津戦争終結の約3か月前のこと、享年35歳でした。

近藤勇142回忌の様子(ivva イワヲさん撮影)
memorial service day for Kondo Isami

   近藤勇の墓は、あまり知られてはいませんが、東京都内にあります。JR埼京線の板橋駅東口から徒歩1分。首は京都に運ばれ、胴体はここに埋葬されたとされています。この供養塔は1876年(明治9年)、新撰組隊士の永倉新八が発起人となり建立されました。

調布市郷土博物館の近藤勇像(urawaさん撮影)
A statue of Kondo- Isami 近藤勇像

   近藤勇ゆかりの地は、彼の出身地の調布市にもあります。生家の宮川家の跡地には、勇の産湯に使った井戸が残っています。宮川家の菩提寺である龍源寺(三鷹市)にも「近藤勇の墓」があり、板橋で埋められた胴体を掘り出し、持ち帰って埋葬したと伝えられています。

京都・壬生寺の近藤勇胸像(Chris Gladisさん撮影)
Kondo Isami

   京都の壬生寺は、近藤勇ら新撰組が滞在した郷士・八木邸の隣にあります。境内東方にある池の中の島は「壬生塚」と呼ばれ、近藤勇の遺髪塔や胸像、新撰組隊士の墓があります。「幕末歩き」には外せないスポットです。

   さて、近藤勇の首は、はたしてどうなったのか? 京都から運び出し、埋葬して供養したと伝えられるお寺が愛知県にあると聞きます。近藤勇に限らず、幕末ゆかりの人物にまつわるスポットは全国にまだまだあるはず。あなたの地元の「幕末歩き」のコースを、ぜひ教えてください。

あなたの地元にも、とっておきの○○さんはありませんか? 寄せられた情報は、Jタウンネットの記事で取り上げさせていただくことがあります。寄稿や投稿の方法についてはこちらをご覧ください。
あなたの地元にも、とっておきのおさんぽコースやお気に入りのスポットはありませんか? おさんぽに関する寄稿や投稿の方法に不明な点がありましたらこちらをご覧ください。寄せられた情報はJタウンネットの記事で取り上げることがあります。
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ