グルメ  > 

マツコ、関西人を「バカ舌」と揶揄 薄味のつもりが「塩分濃い」

2013年11月 7日 07:00

食文化について関西人がことあるごとに口にする「上方は薄味やさかい、関東の食べ物は塩辛くてよう食べられへん」。これが真実なのか検証したのが、2013年11月4日(月)放送の「月曜から夜ふかし」(日本テレビ系)だ。大阪出身のMC村上信五は、次のように語る。

「おいしい、イコールちょっと薄い。これでずっと育ってきた。薄さの中の旨みを気づけへんおたくら関東人、可哀そうでんな~」
関西風かけうどん(「wacan's缶」より)
関西風かけうどん(「wacan's缶」より)

そこで番組は全国発売のカップうどんを調査した。メーカーは関東と関西で味を変えていて、関東向けの方が汁の色が濃い。ところが塩分濃度を測定すると、関西の方が高かったのだ。

醤油も同様だ。つゆの色が濃いから塩辛いというわけではない。しかし番組スタッフが京都の人たちに関東のソバを食べてもらい、「関東の方が塩分濃度は低い」と説明しても、なかなか理解してもらえない。

「あっ、辛いです」「濃いっていうんですか、しょっぱい感じがする」「色がね、パッと見たときにちょっと濃いそうだなって。京都の色はもっと薄い」「薄い方がおいしそうに見えるね」
関東風うどん(ブログ「たかこ日記」より)
関東風うどん(ブログ「たかこ日記」より)

そんな関西人に容赦はしないマツコ・デラックス。

「こんな繊細な味で味覚を感じるほど、高度な食文化と舌を持っていますって言いたいんでしょ。でも、実際はああじゃないですか。バカ舌はあなたたちじゃないですか」

塩分濃度が高いことは知っていました、悲しいです...としょぼくれた村上を見て、マツコは「関東の調理法はみんな茶色くなる。品の良さみたいなものは関西の方があると思うの」と大人のフォローをしていた。

ただ、関東の方が出汁の味が薄く味が単純なので、醤油の味がまろやかにならず、塩分が薄くても辛く感じるのは間違っていないという説もある。そのあたりのメカニズムまで、できれば突っ込んで欲しかった。

青森県 最新記事
2018/9/26

かつて、八戸には「蝦夷」と呼ばれた人々のムラがありました。ムラの有力者や家族は、刀や玉を身につけ、小さな円墳に葬られました。丹後平古墳群は、飛鳥時代中頃か...

2018/9/26

明治時代、西洋国家と対等な立場を築くため、日本は近代的価値観のもと国のあらゆる制度・文化・歴史を再考しました。今回の秋期展では、国内の近代化と伝統木版文化...

2018/9/26

ダンスパフォーマー・五十嵐結也さん(30)の写真がすごい。赤いふんどしを身にまとい、独特なダンスを披露している。 「ふんどし日和」と名づけられた一連の写真...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
北九州市

北九州市で「我が家」に移住してみた

全国50の宿が集ったフードバトル!優勝は...!?

おいり

カラフルに盛られたトッピングの正体は......

小倉城

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ