ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
旅先いい話

独特すぎるニオイに編集部が阿鼻叫喚 銚子電鉄さん、「飲むぬれ煎餅プロテイン」は飲むより食べたほうがウマいです

大山 雄也

大山 雄也

2024.02.11 09:33
0

千葉県銚子市を走るローカル鉄道・銚子電気鉄道(以下、銚子電鉄)。副業として作り始めた「ぬれ煎餅」が超有名で、今や帝国データバンクでは「業種:米菓製造」となっている。

そんな、同社の顔とも言えるぬれ煎餅が、とんでもない進化を遂げていた。

「飲むぬれ煎餅プロテイン」(2024年2月7日、Jタウンネット撮影)
「飲むぬれ煎餅プロテイン」(2024年2月7日、Jタウンネット撮影)

プロテインパウダーになっていたのだ。その名も「飲むぬれ煎餅プロテイン」

銚子電鉄と、フィットネスクラブ運営等を行うSDエンターテイメント(本社・札幌市白石区)がコラボして誕生した、「銚子電鉄のぬれ煎餅風味」の粉末。

銚子電鉄の直売店「ぬれ煎餅駅」で、ぬれ煎餅やあられと並べて置かれたこの商品を発見した時、記者は驚愕した。

「飲むぬれ煎餅プロテイン」?(2023年12月14日、Jタウンネット撮影)
「飲むぬれ煎餅プロテイン」?(2023年12月14日、Jタウンネット撮影)

ぬれ煎餅は食べるものであって、飲むものではない。あの味が、液体となって口内に流れ込んできたとして、果たして美味しいのか。試してみよう。

異様な臭いに編集部騒然
続きを読む
PAGETOP