ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
読者投稿
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
旅先いい話

「お年玉で買ったゲームが、欲しかったヤツとは違ってた。店で返品をお願いしていたら、怖そうなおじさんが...」(愛知県・30代女性)

井上 慧果

井上 慧果

2022.06.03 11:00

自分を責め、うなだれていたら...

何で間違えてしまったのか......。そう自分を責め、その場にうなだれていたときでした。

近くにいたおじさんが近寄ってきました。サングラスをかけていて、一見怖そうな感じの人です。

そのおじさんは店員さんに、

「俺がその子のソフトを買うから欲しいのと交換してあげて。せっかく楽しみにしてたのにかわいそうじゃん」

と言ってくれました。

私のソフトを代わりに買ってくれて...(画像はイメージ)
私のソフトを代わりに買ってくれて...(画像はイメージ)

驚くと共にとても嬉しくて、でも恥ずかしさもあって、私は「ありがとうございます」と言うのが精一杯でした。

見ず知らずの子どものために欲しくもない数千円もするソフトを買うことはなかなか出来ることではないと思います。

何でもっとしっかりお礼が言えなかったのだろうと、今でも心残りです。

あの時のおじさん、本当にありがとうございました。親切な人の話を聞くと、いつもおじさんのことを思い出します。

30年近く経ちましたが、そのソフトだけは今でも大切に取ってあります。

誰かに伝えたい「あの時はありがとう」、聞かせて!

名前も知らない、どこにいるかもわからない......。そんな、あの時自分を助けてくれた・親切にしてくれた人に伝えたい「ありがとう」を心の中に秘めている、という人もいるだろう。

Jタウンネットでは読者の皆様の「『ありがとう』と伝えたいエピソード」を募集している。

読者投稿フォームもしくは公式ツイッター(@jtown_net)のダイレクトメッセージメール(toko@j-town.net)から、エピソードを体験した時期・場所、具体的な内容(どんな風に親切にしてもらったのか、どんなことで助かったのかなど、500文字程度~)、お名前(ペンネーム可)、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

(※本コラムでは、プライバシー配慮などのため、いただいた体験談の一部を改変している場合があります。あらかじめご了承ください)

PAGETOP