ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
読者投稿
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
旅先いい話

観光名所に謎の看板「自論を説明している人物に注意して」 何があったの?設置者に聞く

大山 雄也

大山 雄也

2022.05.20 08:00

福井県勝山市にある国史跡「白山平泉寺旧境内」。古くから白山信仰の拠点として栄え、全盛期の戦国時代には当時の日本で最大規模の宗教都市として繁栄していた。

境内一面に広がる美しい苔のじゅうたんも有名で、その神秘的な光景を見るためにこの地に足を運ぶ人も少なくない。

しかし、そんな歴史ある福井の名所には、ある変わった看板があるらしい。

平泉寺白山神社内にある看板(画像は生駒あさみ@ikomaasamiさんのツイートより)
平泉寺白山神社内にある看板(画像は生駒あさみ@ikomaasamiさんのツイートより)

こちらはウェブメディア「奈良、旅もくらしも」の編集長・生駒あさみさんが2022年4月23日、自身のツイッターアカウント(@ikomaasami)に投稿した写真だ。

「白山平泉寺にお越し頂き有難うございます。
最近境内にて『参拝者の方に対し学術的にも確証の無い自論を説明している人がいる』との訴えが多く寄せられています。
白山神社が許可している正規のボランティアガイドに属していない方の説明にご注意ください」(原文ママ)

とある。

つまり、確証のない持論で訪れた人にこの地の説明をする人がいるということ。そんな変わり者の問題が看板を立てるほど深刻なのだろうか。

「どういう目的なんだろう」
続きを読む
PAGETOP