ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
読者投稿
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
あのときはありがとう

閉業した老舗かまぼこ店を、24歳の女性が復活させるまで

ご当地テレビ視聴隊

ご当地テレビ視聴隊

2022.05.18 21:00

[めんたいワイド-福岡放送]2022年4月26日放送の「人生コレに賭けてます」のコーナーで、福岡・みやま市にある「吉開のかまぼこ」が紹介されていました。

「吉開のかまぼこ」は、明治23(1890)年創業のかまぼこの老舗。高級食材とされるエソのすり身のほか、海水塩やみりんなど素材にこだわって丁寧に作る「古式かまぼこ」が評判です。後継者問題のため2019年に一度閉業したというこちらのお店が、再スタートをすることになりました。

新たに社長となり事業を継承するのは、24歳の女性・林田茉優さんです。

林田さんは、大学時代に企業の課題解決に携わるプロジェクトの一環で「吉開のかまぼこ」と出会いました。

その時、お店はすでに休業中でしたが、かまぼこの商品力の高さや、再販を願うお客さんの声を受け「なにか力になれないだろうか」と行動を開始します。

そこで50社ほどに支援を呼びかけた林田さんですが、なかなか前向きな返事は得られません。さらに、かまぼこを作る上での騒音や煙などに対する近隣住民からの声も届き始めたといいます。

後継者になるとは思いもしなかった

それでも「吉開のかまぼこ」のことをどうしても諦められない林田さんは、福岡市から1時間30分ほどかけてみやま市に通い、近隣住民の方へ丁寧な説明を続け、やがて打ち解けることができました。

さらに、福岡のシステム開発会社「フロイデ」との出会いもあり、「吉開のかまぼこ」は同社の子会社として再出発をすることに!

(写真左から)「フロイデ」戸口将貴代表取締役、林田茉優さん、「吉開のかまぼこ」三代目の吉開喜代次さん、「吉開のかまぼこ」西山航貴さん(フロイデのプレスリリースより)
(写真左から)「フロイデ」戸口将貴代表取締役、林田茉優さん、「吉開のかまぼこ」三代目の吉開喜代次さん、「吉開のかまぼこ」西山航貴さん(フロイデのプレスリリースより)

しかし事業再開が決まった時、林田さんは自分が後継者になるとは思いもしなかったそう。

そんな時、「フロイデ」の社長から

「林田さんが吉開のかまぼこの社長をやったらどうかな。誰よりも強い思いがある人がいいよ」

と言われます。そのことで、気づけば誰よりも強い想いで「吉開のかまぼこ」のために行動し続けてきた自分がやらなくて誰がやるのだ!と、一念発起したそうです。

三代目の吉開喜代次さんにかまぼこ作りを学ぶ日々を送る林田さん。若き社長が手がける「吉開のかまぼこ」の変わらない美味しさは、みやま市の新しい名物になりそうですね。

(ライター:machi)

PAGETOP