ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
旅先いい話
読者プレゼント

お湯を入れると絵柄が変わる...!オリジナル湯吞みをプレゼント!

「2歳の息子がどこを探しても見つからない。泣きながら家に帰ると、びしょ濡れの中学生がやってきて...」(大阪府・40代女性)

井上 慧果

井上 慧果

2022.02.17 11:00
0

「もう時間は戻せないけれど、どうか...」

その後のことはあまり覚えていません。

息子のことで頭がいっぱいで、とにかくお礼を言って、帰ってもらったと思います。

近所の中学生だということは、ジャージだったか、制服だったか忘れてしまいましたが、どちらかを着ていたのでわかりました。

それからも日々に追われ、何も行動しないまま、息子は彼らと同じ中学生になりました。

息子も中学生に(画像はイメージ)
息子も中学生に(画像はイメージ)

こんな奇跡を起こしてくれた2人にロクにお礼もしなかったことを、本当に悔やんでいます。

せめて、中学校にすぐ連絡を入れれば、特定できたかもしれません。制服(もしくはジャージ)を濡らして、怒られたかもしれない。風邪を引いたかもしれない。

すごいことをしたのに、ロクに感謝もされず、彼らは傷付いたかもしれない。

もう時間は戻せないけれど、どうかこの感謝の気持ちが、彼らに届きますように。

本当に本当に、ありがとう。

誰かに伝えたい「あの時はありがとう」、聞かせて!

名前も知らない、どこにいるかもわからない......。そんな、あの時自分を助けてくれた・親切にしてくれた人に伝えたい「ありがとう」を心の中に秘めている、という人もいるだろう。

Jタウンネットでは読者の皆さんの「『ありがとう』と伝えたいエピソード」を募集している。

読者投稿フォームもしくは公式ツイッター(@jtown_net)のダイレクトメッセージ、メール(toko@j-town.net).から、エピソードを体験した時期・場所、具体的な内容(どんな風に親切にしてもらったのか、どんなことで助かったのかなど、500文字程度~)、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別、職業を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

PAGETOP