ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
読者投稿
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
旅先いい話

餃子のまち・宇都宮では、恐竜も餃子に変身しちゃうらしい 民芸品店で生まれた「ぎょうざうるす」に反響

福田 週人

福田 週人

2022.02.04 08:00

栃木県宇都宮市といえば、餃子が有名だ。

市の公式サイト上にある「餃子のまち」というページによると、市内の1世帯当たりの年間の餃子購入額は、2010 年まで15年連続日本一、13 年・17年・19年にも日本一の座を獲得。Jタウンネットが19年に行った「餃子県」についての調査でも、宇都宮を有する栃木県が1位を独走していた。

22年1月末、ツイッターで注目を集めたのはそんな宇都宮で生まれたキャラクターだ。

餃子みたいな恐竜?恐竜みたいな餃子?(画像は酒井商店公式アカウントより、以下同)
餃子みたいな恐竜?恐竜みたいな餃子?(画像は酒井商店公式アカウントより、以下同)

背中にモヒカンのような出っ張り、短い足、つぶらな瞳。なんだか、図鑑などでみたことのある草食の恐竜のような形をした置物だ。

しかし、背中のでっぱりはヒダのようだし、足元部分のオレンジはどことなく「焼き色」っぽくて......これ、餃子じゃん!

彼らの名前は「ぎょうざうるす」。宇都宮市のかんぴょうと民芸品の店「酒井商店」が販売している、餃子のような形をした恐竜の置物だ。

まさに餃子の街らしいユニークなアイテムに、ツイッター上ではこんな声が寄せられている。

「玄関に置いておきたい可愛さ!」
「吐く息が臭いと言う攻(口)撃あり?」
「宇都宮の餃子は生きていたのか...?」

Jタウンネット記者は「ぎょうざうるす」について、酒井商店を電話取材した。

宇都宮といえばやっぱり「餃子」だから
続きを読む
PAGETOP