ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
読者投稿
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
旅先いい話

「静かな電車の中でしゃべり続ける私の赤ちゃん。必死にあやしていたら、1人のキャリアウーマンが...」(茨城県・40代女性)

福田 週人

福田 週人

2022.01.20 11:00

電車に乗っている時、赤ん坊の我が子が大きな声で喋りだしてしまう──親にとってはヒヤリとしてしまう状況かもしれない。

温かく見守ってくれる人も多いだろうが、「周りに迷惑だと思われるかも」とプレッシャーを感じてしまう親もいるようだ。

茨城県在住のJタウンネット読者・Dさん(40代女性)は、まさにそんな事態を経験したことがある母親の1人。

赤ちゃんが電車内で静かにしてくれず...(画像はイメージ)
赤ちゃんが電車内で静かにしてくれず...(画像はイメージ)

ある日、Dさんがまだ赤ん坊の娘を抱っこして電車に乗った時のこと。喃語(赤ちゃんが発する意味のない言葉)が出始めたばかりのころで、その日も電車内で「アー!アー!」と声を発していた。

このままでは他の乗客に怒られるかもしれない。でも言って聞かせられるような年齢ではないし......と慌てるDさん。

そんな彼女のもろに、キリッとした雰囲気の女性が近づいて来たという。

とにかく反感を買わないように必死だった

子供を出産後、私は知り合いも誰もいない土地に引っ越してきて、右も左も分からないなか初めての子育てを開始しました。

夫は朝早く家を出て帰りも遅く、ワンオペ育児の中で常に気を張っているような毎日。特に、公共交通機関では子供が泣いてしまった時、他の利用客に舌打ちされたり悪態をつかれたりすることがあったので、電車やバスに乗ることに恐怖を感じていました。

それでも、どうしても電車で出掛けなければならない用事ができてしまい、抱っこ紐で娘を抱っこして電車に乗った時のことです。

娘は当時、ちょうど喃語が出たばかりのころ。静かな車内でずっと「アー!アー!」と声を発していて、私はピリピリしていました。

もちろん、まだ口で言って聞かせてもわからない年齢です。

しかし、私は周りの人へのアピールのために一生懸命「電車だから静かにしようね!」と語りかけて、とにかく反感を買わないように必死でした。

すると、そんな私の近くに、キリッとした雰囲気で年配の、おそらくキャリアウーマンだろう女性がツカツカ近づいてきたんです。

「こんなときもあったのねえ」

一瞬、「怒られる!?」と思った私が身構えたとき、その女性は我が子に、

「お話上手ねえ」

と優しく言いました。そして、

「実は今、20歳の娘と大喧嘩してきたの。すっかり口達者になって......でもこんなときもあったのねえ」

と切なそうに言いました。

キャリアウーマン風の女性が優しく話しかけてくれた(画像はイメージ)
キャリアウーマン風の女性が優しく話しかけてくれた(画像はイメージ)

その時、私も「ああ、この子もそのうち言葉を覚えてペラペラ喋るようになるんだなあ。喃語を聞けるのも今だけなんだなあ」と改めてハッとしました。

現在、娘は小学生。憎まれ口も叩き、ああ言えばこう言う生意気な女の子に成長しました。毎日が口喧嘩です。

そんな時はあの喃語の頃が懐かしくなり、電車で声をかけていただいた女性を思い出します。孤独と不安の中にいた私をフッと楽にしてくださり、ありがとうございました。

誰かに伝えたい「あの時はありがとう」、聞かせて!

名前も知らない、どこにいるかもわからない......。そんな、あの時自分を助けてくれた・親切にしてくれた人に伝えたい「ありがとう」を心の中に秘めている、という人もいるだろう。

Jタウンネットでは読者の皆様の「『ありがとう』と伝えたいエピソード」を募集している。

読者投稿フォームもしくは公式ツイッター(@jtown_net)のダイレクトメッセージ、メール(toko@j-town.net)から、エピソードを体験した時期・場所、具体的な内容(どんな風に親切にしてもらったのか、どんなことで助かったのかなど、500文字程度~)、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別、職業を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

PAGETOP