ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
読者投稿
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
あのときはありがとう

中華まんの中に「いなり寿司」...だと? 炭水化物×炭水化物なご当地グルメが禁断の味すぎた

井上 祐亮

井上 祐亮

2021.12.29 18:00

肉まん、あんまん、ピザまん、カレーまん――。一口に「中華まん」といっても具材の種類は様々だ。

47都道府県の変わったグルメが大好きなJタウンネット記者が、ネットサーフィンしていると愛知県南東部に位置する豊川市のご当地「中華まん」を発見した。

「豊川いなりまん」(写真は編集部が撮影、以下同)。
「豊川いなりまん」(写真は編集部が撮影、以下同)。

その名は「豊川いなりまん」。

黄色い中華まんの皮の中に、「豊川いなり寿司」を丸ごと1個詰め込んでいるらしい。

「豊川いなり寿司」とは豊川市の地域ブランド。同市には、いなり寿司発祥の地の一つと伝えられる場所・豊川稲荷の門前町があり、豊川いなり寿司を使ったまちおこしも行われている。この商品も13年に豊川で開催された「B-1 グランプリ」に先だって、地元を盛り上げるために作られたものらしい。

――だとしても、この炭水化物×炭水化物のコラボは禁断すぎるのでは? はたして口の中でどんな化学反応を起こすというのか......。

気になったJタウンネット記者は、さっそく同商品を製造・販売している食品メーカー「サンショク」(愛知県豊橋市)の公式サイトから注文してみた。

いなり寿司がアツアツで「あん」っぽい
続きを読む
PAGETOP