ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
読者投稿
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
あのときはありがとう

ひょっとしたら「鬼」に出会えるかも? 鬼退治伝説の残る山に立つ看板が衝撃的だった

松葉 純一

松葉 純一

2021.12.22 18:06

最近の「鬼滅の刃」ブームで、鬼に関心を持つ人が増えているようだが、鬼に会いたいかと聞かれると......どうだろう?

みなさんはこんな看板を見たら、ワクワクするだろうか。それともヒヤッとするだろうか。

江藤学(@etoogaku)さんのツイートより
江藤学(@etoogaku)さんのツイートより

白い看板に「注意!」と書かれている。

「野生の王国」であると言い切られている。大江山とは、京都府の丹後半島の付け根に位置する連山のことだろうか。案内板には「ひょっとしたら鹿や熊や鬼に出会えるかも?」と記されている。

熊はともかく、鹿に出会えるのは、ちょっと貴重な体験かもしれない。しかし「鬼」って、何?

2021年12月15日、この写真をツイートした江藤学(@etoogaku)さんは

「『出会えたらラッキー!』みたいなノリで言われても...」

とコメント。

写真を見たユーザーからは、「鹿や熊 はわかる。それと一緒に『鬼』と言うのが大江ですな(笑)」「源頼光はいるかなw」といった声が寄せられ、1万6000件を超える「いいね」を集めている(12月22日現在)。 ている。

この看板はいったい何なのか。Jタウンネット記者はまず、投稿者・江藤さんに話を聞いてみた。

鬼伝説の大江山ならではのジョークかも?
続きを読む
PAGETOP