ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
読者投稿
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
マンガ

「路上に座り込む私に、優しげな若者が『うちに泊まりなよ』。隣でボロボロの老人がそれを聞いていて...」(千葉県・40代男性)

井上 祐亮

井上 祐亮

2021.12.20 11:00

若者2人は舌打ちをして...

腕を掴んできたお爺さんは私に、

「やめときなさい」

と一言。それを聞いた2人組はチッと舌打ちをしてどこかに行ってしまいました。

画像はイメージ
画像はイメージ

あとからお爺さんに聞いたのですが、もしその時ついて行っていたら、身ぐるみ剥がされどうなっていたか分からなかったそうです。

その後3日ほど上野で生活していましたが、ずっとそのお爺さんが私の面倒をみてくれました。

私は実家に戻り自力で就職もし、今は家庭も持てています。

いつか探してお礼を言おうと思いながら、もう20年以上が経ってしまいました。

あの時は本当にお世話になりました。ありがとう。

誰かに伝えたい「あの時はありがとう」、聞かせて!

Jタウンネットでは、読者の皆様の「『ありがとう』と伝えたいエピソード」を募集している。

読者投稿フォーム、または公式ツイッター(@jtown_net)のダイレクトメッセージ、メール(toko@j-town.net)から、エピソードを体験した時期・場所、具体的な内容(どんな風に親切にしてもらったのか、どんなことで助かったのかなど、500文字程度~)、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別、職業を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

(※なお本コラムでは、プライバシー配慮などのため、いただいた体験談の一部を改変している場合があります。あらかじめご了承ください)

PAGETOP