ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
読者投稿
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
旅先いい話

いろんな地酒が月一回、自宅のポストに届くだと? 飲み比べを楽しめる「日本酒定期便」がめっちゃ良い

井上 慧果

井上 慧果

2021.11.27 20:00

「酒蔵をたくさんの人に知ってほしい」

この「SAKEPOST」に心をくすぐられた酒飲みたちは少なくないようだ。ツイッターではこんな声が上がっている。

「え~~なにこれ面白そう!まだ知らぬ美味しいお酒に巡り会えるの良い」
「これは惹かれる...」
「これなら、いろんなお酒楽しめる」
「お試しにはちょうど良いのかも 気に入ったらお取り寄せ.........みたいなwww」
「凍らせてシャリキンにしたい」
 パウチもオシャレ(画像は「SAKEPOST」公式ツイッターより)
パウチもオシャレ(画像は「SAKEPOST」公式ツイッターより)

「SAKEPOST」を企画したのは、新潟県長岡市で食品開発等を行う企業「FARM8」。Jタウンネット記者は同社代表取締役の樺沢 敦さんに話を聞いた。

樺沢さんによれば、新潟県には90近い酒蔵があるものの、そこで作られたほとんどの酒は地元で消費されている。全国的に知られている酒蔵は全体の1割ほどだという。

そんな現状が、「SAKEPOST」の誕生へと繋がった。このサービスでは、新潟を中心に厳選された酒蔵の日本酒が届くのだ。

「飲めばとても美味しいのに、知られないまま継続が苦しくなる酒蔵もあるため、できる限り多くの方に知ってもらいたいと思ったのがきっかけです」(樺沢さん)

また、100ミリリットルの飲み比べサイズを3種類、という形式にした理由については、次のように説明する。

「若い方にはお酒の飲み比べをたのしむ傾向があるため、多くの酒蔵の飲み比べを定期的に楽しんでもらいたいと考えました。飲み比べには1合(180ミリリットル)でも多いという声もあり、100ミリリットルで3つの飲み比べセットを届けるというパウチスタイルにたどり着きました」
感想のシェアもできる
続きを読む
PAGETOP