ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
家族
あの時はありがとう
グルメ
地域差・ランキング

支払いはアナログな「箱」に入れるだけ 大阪で「冷凍餃子無人販売所」急増のワケ

ご当地テレビ視聴隊

ご当地テレビ視聴隊

2021.11.06 17:00

[かんさい情報ネットten.―読売テレビ]2021年10月29日放送の「カラクリ」のコーナーでは、今注目の冷凍食品の話題を取り上げていました。

コロナ禍で自宅で食事をする人が増え、冷凍食品を食べる機会が増えてきていることもあり、冷凍食品の自動販売機が増えています。

その立役者として注目されているのが、「サンデン・リテールシステム」(大阪府吹田市)の「ど冷えもん」という冷凍食品専門自動販売機です。

商品を入れる収納部分の中がストッカーになっていて、ひとつひとつ上に重ねて補充していく仕組みが特徴。

様々な容器に対応していて、中に入れる商品のバリエーションが格段に広がりました。

ど冷えもん(サンデン・リテールシステムのプレスリリースより)
ど冷えもん(サンデン・リテールシステムのプレスリリースより)

さらに、今年6月に「食品衛生法」が改正され、許可の申請の届け出が以前より簡単になったのも、冷凍食品専門自動販売機の導入増加の理由のひとつだそう。

以前は冷凍食品の販売に明確なルールがなかったため販売に乗り出せなかったのが、改正後は特定の衛生管理基準を満たしていれば、届け出ることで販売が可能に。外食産業の新たな収入源として参入しやすくなったのだとか。

冷凍食品の「無人販売所」も急増中!?
続きを読む
PAGETOP