ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
家族
あの時はありがとう
グルメ
地域差・ランキング

「クッキーと名乗るビスケット」を取り締まる組織があるらしい ネット注目の噂、「事務局」に真相を聞いた

大久保 歩

大久保 歩

2021.10.21 19:04
「ビスケットとクッキーの違いは?」

そう聞かれたら、あなたは正確に答えられるだろうか。

大手食品メーカー・日清食品(新宿区)の公式サイトでは、「よくあるご質問」として次のように説明されている。

「ビスケットは広義で『焼き菓子』全般のことを意味し、狭義では主にココナッツサブレのようなハードビスケットのことを指します。
クッキーはビスケットのうち『手作り風の外観をもつもので、原材料の中の糖分と脂肪分の合計が40%以上含まれているもの』と、全国ビスケット公正取引協議会による公正競争規約の中で定められております」

「よくあるご質問」に取り上げられるとは、両者の違いが気になる人は思いのほか多いようだ。

さて、ここに登場する「全国ビスケット公正取引協議会」が2021年10月、ツイッターで注目を集めている。

なんでも「本来『ビスケット』なのに『クッキー』を名乗るお菓子を取り締まる組織」だと噂されているのだが......本当だろうか?

気になったJタウンネット記者は19日、全国ビスケット公正取引協議会に電話で話を聞くことにした。

「取り締まってはいません」
続きを読む
PAGETOP