ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
家族
地域差・ランキング
グルメ
実録!ご近所トラブル

京都の川の真ん中に、スケスケな「茶室」出現 不思議な光景が話題に

井上 慧果

井上 慧果

2021.10.14 21:01

川の上に茶室が浮かんでいる――そんな非現実的な光景がツイッターで注目を集めた。

川の上に茶室が(画像はスペースデザインカレッジ京都校提供)
川の上に茶室が(画像はスペースデザインカレッジ京都校提供)

川の真ん中に、四角い何かがある。その中には、人間が入っているようだ。道を歩いているときに見かけたら、思わず目を疑ってしまうことだろう。

この川は、浄土宗の総本山・知恩院(京都市東山区)の前を流れる白川。2021年10月2日、あるユーザーがその様子を写真に撮ってツイッターに投稿したところ、

「素敵」
「発想がすごい」
「見た目も涼やかで気持ちよさそう」
「ここでお茶飲んでみたい」

といった驚きや称賛のコメントが寄せられるなど、話題となった。

実はこれ、建築とインテリアデザインの専門学校「スペースデザインカレッジ」の学生たちの作品。10月1日から3日まで展示されていた期間限定の茶室で、「竹禅庵(ちくぜんあん)」という名前がついている。

いったいどうして、白川の上に茶室を作ることになったのか。Jタウンネット記者は12日、スペースデザインカレッジ京都校を取材した。

コロナ禍でも会話を楽しめるような空間を意識
続きを読む
PAGETOP